泰山堂

044-222-4484
【定休日】日曜日・祝日
TOP 会社概要 漢方相談 漢方薬 漢方だより お問合せ アクセス
漢方だより
  • 子宝漢方相談
  • 漢方メール相談
  • アロマコーナー
  • よろず漢方/漢方だより
  •       
  • 泰山堂通信
  • 泰山堂ブログ
  • 漢方体験.com

アクセス

お店は川崎駅から歩いて1分

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区
駅前本町12-1
タワーリバークビル1F
TEL : 044-222-4484
FAX : 044-222-4486

大腸癌 大腸がん


大腸大腸がんは、大腸(盲腸・結腸・直腸・肛門)に発生するがんで、日本人ではS状結腸と直腸にがんができやすいといわれています。

大腸がんの発生の仕方には、2つあると考えられています。
1つは、大腸の壁のもっとも内側にある粘膜にできたポリープ(良性の腫瘍)が、がんに変化するもので、もう1つは、粘膜から直接がん化するものです。

大腸がんの発生要因として、高脂肪食品、特に肉類やハム・ベーコンなどの加工肉が影響していると考えらています。また、食物繊維の不足も大腸がんの発症リスクを高めます。

早期の大腸がんの場合、自覚症状がほとんどないのが特徴です。
ただし、がんが 粘膜を越えて、大腸の壁の外側に向かって広がるにつれて、症状が現れるようになります。がんのできた場所によっても症状は異なりますが、多くの場合、次のような症状が現れます。

・便血(下行結腸にできたがんの場合に、よく見られます。)
・腹痛 (だんだん酷くなるのが特徴です)
・大便習慣の変化(大便が細くなったり、便秘になったり、逆に下痢になったりします)
・腹部の腫塊 
・貧血 
・腸腔の閉塞(激しい腹痛と吐き気を伴うことがあります) 


西洋医学的な治療方法としては、早期であれば切除(内視鏡的切除または外科手術)が一般的です。
早期がんであれば治療後の5年生存率は94%と非常に高く、ステージIIIでも77%と言われており、生存率が高いのも大腸がんの特徴です。
漢方薬をうまく使って養生すれば、健康な人と同じくらいの生存率が期待できると言っても過言ではないでしょう。

大腸がんに対する中医学的考え

大腸がんついて、中医学的にはいくつかの病因・病機があげられます。

◆不適切な飲食:
 脂っこい食事など不適切な飲食により、脾胃に痰湿が発生し、この痰湿が熱化して大腸に鬱結し、大腸癌を引き起こします。

◆ストレス:
 ストレスが脾胃の運化機能を低下させ、湿濁を発生し、これが大腸に留滞して大腸がんになります。

◆邪毒侵入:
 寒邪、湿邪、熱邪などの邪気が臓腑に停留し、気血の巡りを悪くし、痰湿を発生させ、これが大腸がんに変化します。

◆高齢・虚弱体質:
 加齢やもともとの虚弱体質により、気が不足し、脾の運化作用が失調します。この結果、瘀血が大腸内に鬱結し、大腸がんになります。

大腸への中医学的対応

瀉火補腎丸 中医学では、大腸がんだから××というのではなく、大腸がんの原因となった体質と現在の症状によって、漢方薬を検討していきます。

●脾腎両虚
 お腹が冷えているタイプで、水様便の中に未消化物が混入していたり、明け方便意をもよおすこともあります。大腸がんの手術の後やがんの末期に見られることもあります。
 基本的に体が冷えていて、特に腰や臀部が冷えるのが特徴です。
 体を温めて、鬱結を取り除く方法がとられます。具体的には、八味地黄丸などを用います。 

●脾腎陰虚
 腹痛はどちらかというと穏痛で、下痢よりは便秘タイプに多く見られ、大便に血が混ざることもあります。口の中や喉に乾燥感があり、寝汗やほてりを伴うこともあります。
 体を潤し、虚熱をとる方法がとられます。 具体的には、瀉火補腎丸や杞菊地黄丸などが用いられます。熱感が強い場合は、白花蛇舌草を併用することもあります。

●湿熱鬱毒
具体的な症状としては、腹痛、膿血便、排便しても便意が残り、肛門が重い感じがする、便秘と下痢を繰り返す・・・等があります。
舌は、黄色っぽい苔が厚く張り付いています。 これらは、瘀血と熱毒が結びついた状態で、体内の余計な熱を冷まし、瘀血を取り除いて解毒する方法がとられます。(清熱利湿、化瘀解毒)具体的には、瀉火利湿顆粒、五行草などを中心に用います。便血があるときは、槐角丸も使います。

●瘀毒内阻
腹部に塊があり、腹痛は押さえると痛みを強く感じます。皮膚に色素沈着があったり、舌の色が紫っぽかったりすることが多く見られます。
女性であれば、生理に塊があったり、生理痛が酷いタイプです。
瘀血が内結して滞り、これが熱化して体内で熱毒が生じた状態で、血液の巡りを改善し、熱を取り除きます。(活血化瘀、清熱解毒)具体的には、血府逐瘀丸、白花蛇舌草、五行草などを用います。

星火霊芝宝 また、これらのタイプに関係なく、星火霊芝宝やシベリア霊芝などのキノコ系の健康食品を併用することがあります。
これらキノコ系健康食品には、がん細胞増殖の原因であるテロメラーゼを抑制する力があることや、がん細胞のアポトーシス(自殺死)を促す作用があることが、さまざまな実験で確認されています。
がんの再発予防にも使います。たとえば、シベリア霊芝でしたら、がんの手術後1年間は、予算が許せば、一日6粒ずつぐらい飲むことをお勧めしています。

大腸がんの直接的症状だけでなく、合併症にも漢方薬の効果が期待できます。 腹水がある場合は、健脾散、防已黄耆湯、瀉火利湿顆粒などを、体質に合わせて使います。
抗がん剤による嘔吐には、健胃顆粒、半夏厚朴湯、温胆湯、勝湿顆粒などが症状の緩和に役立ちます。
便には、田七人参や心脾顆粒(帰脾湯)を用いますが、血熱がある場合は、清営顆粒などが効果的な場合もあります。



Copyright© 2014 TAIZANDO All Rights Reserved.