泰山堂

044-222-4484
【定休日】日曜日・祝日
TOP 会社概要 漢方相談 漢方薬 漢方だより お問合せ アクセス
漢方だより
  • 子宝漢方相談
  • 漢方メール相談
  • アロマコーナー
  • よろず漢方/漢方だより
  •       
  • 泰山堂通信
  • 泰山堂ブログ
  • 漢方体験.com

アクセス

お店は川崎駅から歩いて1分

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区
駅前本町12-1
タワーリバークビル1F
TEL : 044-222-4484
FAX : 044-222-4486

目と漢方養生


疲れ目最近はパソコンやスマートフォンの使用時間が増え、疲れ目やドライアイなど、目の不調をうったえる人が増えてきました

こういった目のトラブルと深く関係しているのは、五臓の中でも、特に「肝」です。肝は血を貯蔵し、気の巡りをスムーズに保つ臓器。「肝」と「目」は経絡を通して繋がっています。

このため、肝の機能が低下すると目の状態にも影響し、さまざまな不調が起こりやすくなるのです。さらに「肝」と「腎」は互いに補い合って働くため、肝の機能を高めるためには、腎を強くすることも大切です。つまり、「肝」や「腎」を整えることは、日常的な目の疲れや乾燥などを和らげることはもちろん、白内障や飛蚊症などの眼のトラブルの予防にもつながります。

しかし残念ながら、「肝」や「腎」は、加齢とともに機能が顕著に低下する臓器ですので、中高年以降の方は特に、「肝」「腎」を強くする食材や漢方薬を、予防目的も含めて、おすすめします。具体的には、食品としては、松の実、クルミ、胡麻、黒豆など、また漢方薬としては、杞菊地黄丸などがファーストチョイスです。

この他、気・血の不足が、目のトラブルの原因になっていることがあります。長時間、目を酷使していると、思っている以上に血を消耗してしまいます。クコの実、棗(なつめ)など、気・血を補う食材や、帰脾湯、婦宝当帰膠など気血を補う漢方薬がおすすめです。 また、ストレスが目に影響している場合は、「肝鬱(かんうつ)」タイプといい、情緒の変化によって、症状に起伏があるのが特徴です。このタイプの方には、菊花茶や加味逍遥散などストレスのコントロールに役立つ食品や漢方薬を用います。

Copyright© 2014 TAIZANDO All Rights Reserved.