泰山堂

044-222-4484
【定休日】日曜日・祝日
TOP 会社概要 漢方相談 漢方薬 症状別 お問合せ アクセス
漢方だより
  • 子宝漢方相談
  • 漢方メール相談
  • 症状別/漢方だより
  •       
  • 泰山堂通信
  • 泰山堂ブログ
  • 漢方体験.com
  • アロマコーナー
  •       
  • ツイッター

アクセス

お店は川崎駅から歩いて1分

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区
駅前本町12-1
タワーリバークビル1F
TEL : 044-222-4484
FAX : 044-222-4486

萎縮性胃炎


萎縮性胃炎とは胃の粘膜が萎縮して薄くなった状態で、日本人には比較的多く見られる症状で、50歳以上だと過半数の人に胃粘膜の萎縮があるという説もあります。

原因としては、主に、加齢、ストレス、ヘリコバスター・ピロリ菌などがありますが、血流障害によって胃の粘膜に血液が行きわたらなくなり萎縮する場合もあります。

内視鏡で見ると、胃粘膜が薄くなっているため、粘膜の下の血管がはっきり見えます。また、症状が進むと、部分的に、胃粘膜の細胞の形が、腸粘膜の細胞の形になり、これを腸上皮化生といい、前癌状態の一種といえます。

症状は胃の下の方(幽門)から上(噴門)に向かって悪化していきます。

中医学的には、萎縮性胃炎は主に大きく2つのタイプに分けられます。

一つは胃の「陰」が不足しているタイプです。このタイプは胃の粘膜の潤いが不足し、胃酸の分泌が少なく消化しにくい状態になっています。中医学では、舌の状態は胃粘膜の状態を示すと考えており、このタイプの人の舌は、胃粘膜と同様に乾燥しています。

胃にシクシクした灼痛があり、口が渇きやすく、お腹はすいているが食べたくない、痩せる・・・などの症状があり、便秘になりがちです。

このようなタイプには、沙参や玉竹など胃に陰を補う生薬が配合された漢方を使います。また、粘膜の再生に沙棘オイルも効果的です。

食べ物では、果物(特に梨や枇杷)、ゆり根、すっぽんなどがおすすめです。食欲がないときは緑豆のおかゆなども役立ちます。
弱った胃


もう1つのタイプは、胃腸が冷えているタイプです。胃痛があるときに胃をさすったり、温めたりすると症状が改善する、空腹時に痛みが悪化する、食欲がなく手足が震える、便はゆるいか下痢ぎみで、舌は白っぽい色をしています。 このようなタイプは、胃を温める漢方薬を使います。食べ物では、長芋、にんにく、ニラなどが効果的です。

また、タイプに関係なく、ストレスによる自律神経の失調が原因となっている場合は、緊張をとることで自律神経を回復させる漢方薬を併用します。

食欲が低下する場合が多いので、おかゆ柔らかく煮たうどんなど消化の良いものを食べ、症状が快復するまでは脂っぽいものや食物繊維の多い食品は控えましょう。野菜類も生ではなく、煮たりゆでたりして、消化しやすいように工夫しましょう。スパイスなど刺激の強い食品もNGです。

Copyright© 2014 TAIZANDO All Rights Reserved.