泰山堂

044-222-4484
【定休日】日曜日・祝日
TOP 会社概要 漢方相談 漢方薬 漢方だより お問合せ アクセス
漢方だより
  • 子宝漢方相談
  • 漢方メール相談
  • 症状別/漢方だより
  •       
  • 泰山堂通信
  • 泰山堂ブログ
  • 漢方体験.com
  • アロマコーナー
  •       
  • ツイッター

アクセス

お店は川崎駅から歩いて1分

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区
駅前本町12-1
タワーリバークビル1F
TEL : 044-222-4484
FAX : 044-222-4486

子宮内膜症


子宮内膜症とは、子宮内膜に非常に似た組織が「子宮以外の場所」にあって、機能している状態のことで、 生理痛や不妊の原因にもなります。

発症部位
では、「子宮以外の場所」とは、具体的には、どのような場所でしょうか?

たとえば、腹壁、胃腸、肺、上肢、肝臓、腎臓・・・など、体内のいたる箇所で、子宮内膜に似た組織ができてしまうことがあります。

これらは、皮下出血、血痰、内出血などの症状を起こしますが、 婦人科系の対象となるのは、 主に以下の3か所です。

①卵巣
②腹膜
③ダグラス窩

この中で、①の卵巣にできたものを、特に、「チョコレート嚢腫」と呼びます。 子宮内膜に似た組織の嚢胞が卵胞を圧迫し、卵胞の発育を阻害します。

③のダグラス窩は、あまり聞きなれない名前かもしれませんが、腹腔の一番低いところにあり、結腸や直腸のすぐ近くに位置するため、癒着を起こしやすく、 癒着を起こすと排便痛や性交痛を伴うことがあります。

卵巣とダグラス窩にできた子宮内膜症は、超音波などで比較的簡単に検査できますが、 腹膜に発症した内膜症は腹腔鏡を使わないと確認できません。

また、腹膜の子宮内膜症は痛みを伴わないことが多いので、 発見しにくいという面もあります。

ダグラス窩にできた内膜症は、 強い痛みがあります。

尚、子宮筋層にできた子宮内膜については「子宮腺筋症」と呼び、 子宮内膜症とは区別しています。
バラ


子宮内膜症と不妊
それでは、子宮内膜症があると なぜ妊娠しにくくなるのでしょうか。

●卵巣や卵管采の癒着

子宮内膜症は、骨盤内に慢性的な炎症が生じている状態で、これが、骨盤内の様々な臓器の癒着を引き起こすことがあります。卵巣が癒着していると排卵しにくくなり、卵管采が癒着していると、卵管は自由に動けなくなり、卵子のピックアップが阻害されます。

●子宮の変形

子宮は、胃腸と同じように、常に動いています。
たとえば、精子が遡上するときは、精子の動きを助けるように動き、卵子が着床するときは、着床しやすいように動きます。 しかし、内膜症があると、子宮が変形し、このような動きがスムーズにできなくなります。

●内分泌異常

 チョコレート嚢腫の場合、卵胞の発育が阻害されるため、ホルモンのバランスが崩れ、黄体化未破裂卵胞症候群(LUF)などの原因になります。

●免疫異常

 子宮内膜症は、一種の  慢性的な炎症状態であるといえます。慢性的な炎症は、サイトカインなどを活発化させ、体の免疫の異常をひきおこし、精子や卵子、内膜を攻撃したりし始めます。

子宮内膜症と漢方
子宮内膜症は一種の炎症ですから、多くの場合、生理周期に関係なく、炎症を鎮め、サイトカインの働きを抑制する漢方薬を使います。

また漢方では、 子宮内膜症の原因となる体質として、腎陽虚があり、これに、瘀血(おけつ)、寒湿または湿熱が加わっていると考えます。 やや難しい言葉を並べてしまいましたが、 簡単に言うと、

  ・生殖パワーが落ちている  

  ・体を温める力が落ちている  

  ・血流が悪くなっている。  

  ・冷えから体内の水分や血液の代謝や流れが悪くなっている  

  ・体内にこもってしまった余分な水分が、不必要な熱を持っている・・・・  

ということになります。。  

勿論、これらすべてがあてはまるわけでなく、人によって、この中のいくつかが顕著に見られます。  

同じ子宮内膜症でも、人によって原因は異なりますので、そのあたりを見極めて 漢方薬を選びます。  

たとえば、 生理が遅れがちで、量が少なく、腰から下が冷えやすい人などは、参茸補血丸や参馬補腎丸など生殖能力と体を温める力を上げる漢方薬を使いますし、  

イライラしやすくて、生理に塊があり、 生理前後に微熱があったり、生理になっても基礎体温がさがらない場合は、血府逐瘀丸や五涼華、シベリア霊芝など、 温めすぎない活血薬(血流を促す薬)や体内の余分な熱や水分を取り去る漢方薬を使います。  

勿論、これらはあくまでも一般論。個人差がありますので、 漢方の専門家にご相談ください  

なお、西洋医学では、ホルモン剤を長期間投与することにより、仮閉経の状態を作ったり、手術で患部を焼灼するなどの治療法がとられますが、薬の投与を中止すると再発したり、焼灼した部分の卵胞発育が低下するなどといった影響が少なくありません。このような場合も、西洋治療と漢方を併用することをお薦めします。

Copyright© 2014 TAIZANDO All Rights Reserved.