泰山堂

044-222-4484
【定休日】日曜日・祝日
TOP 会社概要 漢方相談 漢方薬 漢方だより お問合せ アクセス
漢方だより
  • 子宝漢方相談
  • 漢方メール相談
  • アロマコーナー
  • よろず漢方/漢方だより
  •       
  • 泰山堂通信
  • 泰山堂ブログ
  • 漢方体験.com

アクセス

お店は川崎駅から歩いて1分

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区
駅前本町12-1
タワーリバークビル1F
TEL : 044-222-4484
FAX : 044-222-4486

ニキビ


思春期に多く見られるニキビですが、店頭では、年齢に関係なく、幅広い年齢層の方がニキビのご相談にいらっしゃいます。

ニキビイメージ ニキビの発生を簡単に説明すると、思春期や更年期など、 何らかの原因で性ホルモンの分泌が乱れ、女性ホルモンに比べて男性ホルモン優位状態になると、皮脂分泌が亢進します。

一方で、皮脂の分解物である遊離脂肪酸などが毛包の角化を引起し、皮脂の排出が滞るようになります。その結果として、皮脂が排出されずに溜まってしまい、炎症が起こり、ニキビが発生します。

西洋医学の薬は、感染症の菌を殺すなど、緊急処置的な対応にはすぐれていますが、根本的な原因を改善するものではないものが多く、長期的な使用については、お薬の副作用も含め、慎重な対応が必要です。

一方漢方薬は、人によって異なるニキビの原因や、その原因の背後にある体質を機極めてお薬を選び、じっくりと向き合っていきます。

そこで、ここでは、ニキビの種類と対処方法について簡単にお話しします。
(尚、ここで紹介する漢方薬はごく一例です。実際には、お客様に合わせてお選びしていきます。)

ニキビのタイプ別漢方的対応



★白いニキビ→肺熱タイプ


炎症の程度はそれほど強くありません。ニキビの色は皮膚色に近く、押すと黄白色の角栓(コメド)が出たりします。

肺熱と考えて五涼華や涼解楽など、肺熱をとる漢方薬や漢方系健康食品を使います。


★赤いニキビ→血熱タイプ


毛包の周りに炎症が発生し、赤い丘疹が見られるようになります。甘い物、肉や辛い物を好み、食欲も旺盛なタイプの人に多くみられます。

血熱と考えて、清営顆粒など、血熱を取り除く漢方薬を使います

清営顆粒


★黄色いニキビ→血熱、湿熱、熱毒タイプ


炎症が進行して膿疱が生じます。脂っぽい物が好みで、便秘傾向のある人に多く見られます。

血熱、湿熱、熱毒と考えて、瀉火利湿顆粒など、解毒作用や湿熱を取り除く作用のある漢方薬使います。   瀉火利湿顆粒



★紫色のニキビ→瘀血(おけつ)、血熱タイプ


触れるとゴリゴリした感じになっています。色は紫や赤黒っぽく、歯ぐきや唇の色が暗紫色になることもあります。

瘀血があると考えて、爽月宝や冠元顆粒など、 血液をサラサラにして巡りを良くする漢方薬や漢方系健康食品を使用します。
(瘀血とは、簡単に言うと、ドロドロ血や血液の滞りのことです。)



勿論実際には、このように単純に分類できる場合だけでなく、いくつかのタイプが複合していることもあります。

食養生
ここまでお話しした対処で炎症症状(ニキビ)が消えたとしても、それまでの日頃の生活習慣を振り返って、ニキビの発生につながった大本の原因を改善しないと、再発が考えられます。

ニキビの発生に結びつく、食生活や生活習慣には以下のようなものがあります。心あたりのある方は、是非、改善しましょう。

①甘いもの(チョコレートやお菓子)、揚げ物や肉類、香辛料の取り過ぎ(→湿熱の発生)

②生のものや冷たい物の取り過ぎ(→湿邪の発生)

③珈琲、アルコールの取り過ぎ(→湿熱の発生)

④不規則な生活と睡眠不足(→夜11時には就寝することが大事です。この時間帯に睡眠できていれば、体の修復が行われます)

⑤ストレスの多い生活(→ストレスをさけ、リラックスするよう心掛ける)

当店の漢方相談では、炎症の程度や舌の状態を見るだけでなく、食の嗜好や普段の生活などもお伺いして、根本的に改善してくことを目指します。 なかなか治らないニキビでお悩みの方は、是非、お気軽にご連絡ください。

Copyright© 2014 TAIZANDO All Rights Reserved.