泰山堂

044-222-4484
【定休日】日曜日・祝日
TOP 会社概要 漢方相談 漢方薬 漢方だより お問合せ アクセス
漢方だより
  • 子宝漢方相談
  • 漢方メール相談
  • アロマコーナー
  • よろず漢方/漢方だより
  •       
  • 泰山堂通信
  • 泰山堂ブログ
  • 漢方体験.com

アクセス

お店は川崎駅から歩いて1分

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区
駅前本町12-1
タワーリバークビル1F
TEL : 044-222-4484
FAX : 044-222-4486

流産後対策


流産、特に妊娠12週までの流産は、一般に思われているよりは、比較的多い状況です。 また、流産率は35歳あたりから、年齢とともに上昇し、42歳の流産率は20パーセンになります。

やっと授かった命が育たなかったときの悲しみは、経験者にしかわからないかもしれません。 「流産の殆どは自然淘汰」と言われても、なかなかそう簡単には、割り切れないものです。

しかし、流産したということは、妊娠する力があったことの証明でもありますから、 できるだけ前向きにとらえて、次は元気な子が生まれるように早く体調を整えましょう。 (流産を連続して2回繰り返した場合は、ちゃんとした検査をお勧めいたします。)

流産したときは、その直後のケアがとても大切です。

キーワードはリセット

次の妊娠の準備をする前に、まず身体をしっかりリセットすることが必要です。体力を回復し、子宮の中をきれいにします。

それには、子宮内の血液をサラサラにし(活血)、流産後の出血をきれいに出し切って、ぴたっと止めることが必要になります。 活血と止血、相反することのようですが、漢方にはこの両方をサポートしてくれるものがあります。それが田七人参です。



田七人参には、血液をサラサラにする効果があり、子宮内膜内の微小血管を流れる血液をサラサラにし、内膜がきれにはがれて体外に排出されるのを助けます。

子宮内環境のお掃除が終わったら、今度は、止血の働きに変わります。

身体の必要に合わせて働きを変える、何とも頼もしい漢方薬です。

出血が止まったら、予算があれば、次の妊娠のため、血液をサラサラにし、同時に自律神経の回復を助ける漢方薬を足すこともあります。



また、流産のときは、大量の血液が流れますから、血液を短期間に補う必要があり、 これには、何と言っても婦宝当帰膠。 (体調によっては、普段の倍量飲んでいただくこともあります。)



また、体外受精などで、ホルモン剤や排卵誘発剤を多量に使われた方の場合は、 肝臓の代謝機能を助ける漢方薬を使って、身体のリセットを助けます。



流産後は焦らずに、身体をしっかり整えてから次の妊娠。 年齢を考えると焦ってしまう気持ちはわかりますが、「急がばまわれ」です。

基礎体温や漢方専門員とのカウンセリングを参考に、体調がしっかり戻ったことを確認しましょう。



そして、再度妊娠されたときは、流産の経験のある方については特に、当店では 妊娠12週まででも良いので、双料参茸丸をおすすめしています。

鹿茸や冬虫夏草など、生殖能力を高め、胎児の成長をサポートする 貴重な生薬が配合されています。 特に、双料参茸丸に含まれる冬虫夏草は、希少価値の高い天然もの。決して安い商品ではありませんが、生薬の値段が急騰していることを考えると、かなりコストパフォーマンスの高いお薬の一つだと思います。

以上は、あくまでも一般的な対応方法で、実際にはその方の体質や年齢、流産の原因によって異なります。 是非、一人で悩まず、お気軽にスタッフにご相談ください。

Copyright© 2014 TAIZANDO All Rights Reserved.