泰山堂

044-222-4484
【定休日】日曜日・祝日
TOP 会社概要 漢方相談 漢方薬 漢方だより お問合せ アクセス
漢方だより
  • 子宝漢方相談
  • 漢方メール相談
  • アロマコーナー
  • よろず漢方/漢方だより
  •       
  • 泰山堂通信
  • 泰山堂ブログ
  • 漢方体験.com

アクセス

お店は川崎駅から歩いて1分

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区
駅前本町12-1
タワーリバークビル1F
TEL : 044-222-4484
FAX : 044-222-4486

生理不順


毎月の生理(月経)は女性にとって欠かせない大切なもの。 そして、女性の体質、体調を見分ける大切なポイントになります。まさに、女性の健康のバロメーターと言えます。月経前後の体調、月経周期、月経の日数、経血の色などの違いが体調を知る手掛かりになります。また、周期や月経自体の「変化」も体調の変化と関係してきます。

ひとくちに、生理不順といっても、生理周期の乱れや、出血期間の乱れ、出血量の乱れなど症状はさまざまです。周期や経血量もなるべく安定していて、痛みなどのトラブルがないのが望ましいのは言うまでもありません。 月経と上手に付き合うことは、自分の体の状態を知り、自分の体と上手に付き合うことにつながります。逆に考えると、女性は月経がある分、男性よりも自分の体の状態を把握しやすいと言えます。特に、これから妊娠を考えている女性の方は、月経トラブルを改善することで、体全体の調子を整えていくことが大切です。

漢方は、崩れた体のバランスを整えてくれ様々な月経トラブルの改善に適しています。娠を考える女性にも安心して飲めるので嬉しい点です。漢方を飲み始めて、月経トラブルが改善されただけでなく、疲れにくく風邪も引きにくくなり、体調がとても良くなったという声もよく効かれます。 月経と上手に付き合って、元気な毎日を送りましょう。

さて、漢方(中医学)では、月経はどうとらえられているのでしょうか?少し詳しくお話ししていきます。 中国医学では古くから、月経は五臓のうちの「心-腎-子宮」の生殖軸によってコントロールされていると考えられてきました。「心」は神明を司る大脳の働き、「腎」は生殖を司る部分を指します、このような考え方は現代医学の「視床下部・下垂体(ホルモン調節をしている)-卵巣-子宮」の生殖軸の考え方と一致しています。

また、生殖軸には、五臓の「肝」と「脾胃」も関係しています。「肝」は自律神経による調節を担います。ストレスで自律神経のバランスが乱れると月経が乱れることも良く聞かれますよね。「脾胃」は食物の消化吸収を通じて血や気を体に補っています。 昔から、五臓六腑、体全体で月経を支えていると考えられてきたことがわかります。

当店の漢方相談では、月経に関するお悩みの際にも全身の体や心の状態を詳しくお聞きし、その方の体の状態を把握させて頂き、体質別にトラブルを解決していきます。
女性イメージ


月経不順とは、月経周期、月経量、月経血の湿、月経期間の異常などをいいます。 個人差はありますが、通常な月経では、月経周期は28日±7日、月経期が3~7日(低温期が7~10日、高温期が12~14日程度)です。 漢方・中国医学では、 月経周期の異常は、月経が早くなる「月経先期」、月経が遅くなる「月経後期」、不安定になる「月経前後不定期」にわけて考えられます。 また、月経量の異常には、「月経過多」、「過少月経」、月経期間の異常には、月経がだらだらと8日以上続くような「経期延長」があります。

月経先期
月経の周期が1週間ほど早まる。何周期かに渡って月経周期が21日以下、ひどい時には16~17日になることを言います。 「気虚」、「血熱」、「瘀血」など様々な原因が考えられます。原因を探って体質により漢方薬を飲み分けていきます。

●疲れやすく体がだるいなど「気虚」タイプ

エネルギー不足で「月経血」の流出がコントロールできなくなっている状態です。 月経血は淡暗色で、胃腸が弱く疲れやすいなど「脾」が弱っている場合は、「脾」を強める「帰脾湯」や「補中益気湯」がおすすめです。足腰が重だるいなど「腎」が弱っている場合には腎を強める「参馬補腎丸」などがおすすめです。

●出血の色が鮮やかで量も多く、体に悪い不要な熱がこもって出血が続く「血熱」タイプ

暑がりで顔が熱くなりやすい、吹き出物が出やすいなどの実熱の方には、「温清飲」、「涼血清営顆粒」などがおすすめです。 手足がほてり寝付けない、のどが渇きが気になるというような「陰虚血熱」の方には「瀉火補腎丸」や「二至丹」などがおすすめです。ストレスが溜まり自律神経を調節している「肝」の乱れによる「肝鬱血熱」の方には「加味逍遥散」などがおすすめです。

●疲労や冷え、ストレスなどで血のめぐりが悪くなっている瘀血タイプ

月経血が赤黒い色で、塊が見られるような場合が多いです。肩こりや頭痛を伴うこともあります。「血府逐瘀丸」、「冠元顆粒」などで血の巡りをスムーズにするとよいです。

月経後期
何周期かにわたって月経周期が35日以上にのびることをいいます。もし、高温期が14日以上ある時は妊娠の可能性があります。

●疲れやすい、めまい、立ちくらみなど血が不足している「血虚」タイプ

女性は、ただでさえ毎月の月経で血の消耗があります。不足した血を補って巡りをよくし、体を温めてくれる「婦宝当帰膠」がおすすめです。

●冷えがひどい「寒」タイプ

重度の冷えで、手足やお腹・腰周りも冷たく足腰も重だるい、舌は色も薄くぼてっとしているなど体の芯から冷え切っている「陽虚」体質の方には、体の根本でありホルモン系も司る「腎」を中心に気や血を補い、体を温めてくれる「海馬補腎丸」や「参茸補腎丸」がおすすめです。 手足の冷え、肩こり、下腹部が冷え月経痛がある、舌の色は淡く暗いなど「寒凝」体質の方は、血の不足を補い温め巡らせるのに効果的な「温経湯」などがおすすめです。 ストレスなどで気の巡りが悪くなることで、冷えている方は「星火逍遥丸」などがおすすめです。

月経前後不定期
月経周期がバラバラな方。月経が早くなったり、遅くなったり、月経先期と月経後期を繰り返す場合を言います。

●ストレスの影響が強い「肝鬱」タイプ

自律神経のバランスを担う「肝」を元気にして気の巡りを良くする「逍遥丸」がおすすめです。

●疲れやすく足腰が重だるいなど「腎」が弱っているタイプ

ホルモン系を担う腎を強化する「参馬補腎丸」で気血を根本から補うのがおすすめです。

●胃腸が弱く疲れやすいなど「脾」の弱っているタイプ

「帰脾湯」や「健脾散」などがおすすめです。胃腸を強化して食べ物からのエネルギーがしっかり気血となって体のエネルギーに効率よく取り込まれるようにしましょう。

月経過多
このようなタイプは、子宮筋腫の人に多く見られますが、月経が始まって間もない思春期に見られることもあります。

●体がだるく、疲れやすい「気虚」タイプ

月経血の色は淡い色でだらだらと少量の月経が続く、疲れやすい、胃腸の弱いなど「脾」が弱り月経が長引く体質の方が多いです。おすすめは「帰脾湯」です。

●出血の色が鮮やかで量も多く、体に悪い不要な熱がこもって出血が続く「血熱」タイプ

暑がりで顔が熱くなりやすい、吹き出物が出やすいなどの実熱の方には「涼血清営顆粒」など。手足がほてり寝付けない、口が渇きやすいなど体の潤い不足による血熱の方には「瀉火補腎丸」や「二至丹」などがおすすめです。 ストレスが溜まり自律神経を調節する「肝」の乱れによる「肝鬱血熱」の方には「加味逍遥散」などがおすすめです。

●血の巡りの滞っている「瘀血」タイプ

月経血が赤黒い色で塊が見られるような場合が多いです。肩こりや頭痛を伴うこともあります。「血府逐瘀丸」などで血の巡りをスムーズにすることがおすすめです。

月経過少
●血の不足している「血虚」タイプ

めまいや立ちくらみなどが気になる方は「婦宝当帰膠」がおすすめです。手足やお腹まわりの冷えを感じる方にもおすすめです。また、足腰が重だるい、体の冷えや疲れを強く感じるような「腎陽虚症」の場合は、腎から体を温め精気を補う「海馬補腎丸」や「参茸補血丸」がおすすめです。

●「気」の滞りによる「気滞」タイプ

月経前の気分の不調が大きかったり、むくみやお腹の張り、疲れやストレスを強く感じる事が多く、体を調節するエネルギーである「気」の巡りが悪くなっています、「逍遥丸」などで気の巡りをスムーズにしてあげるとよいです。

●水の巡りが悪くなっている「痰湿」タイプ 体や胃腸が重だるい、むくみやすいなどを感じる方は、「温胆湯」などがおすすめです。

月経延長
月経周期は正常で、月経期間が8日以上。重症の場合は半月も生理が続くことを言います。

●月経血は淡暗色でダラダラと出血が続く「気虚」タイプ

胃腸が弱く疲れやすいなど「脾」が弱っている場合が多いです。「脾」を強める「帰脾湯」に血の巡りを整えて止血効果も高い「田七人参」、「芎帰膠艾湯」などを合わせるのがおすすめです。

●出血の色が鮮やかで量も多く、体に悪い不要な熱がこもって出血が続く「血熱」タイプ

暑がりで顔が熱くなりやすいなど実熱の方には、「温清飲」、「涼血清営顆粒」など、手足がほてる、寝汗があるなど陰虚による血熱の方には「瀉火補腎丸」や「二至丹」に「田七人参」を合わせるとおすすめです。

●月経血が赤黒い色で塊が見られる「瘀血」タイプ

肩こりや頭痛を伴うこともあります。血の巡りを良くする「血府逐瘀丸」に止血効果の「田七人参」などを合わせて血の巡りを整えるとよいです。




いずれも体質・体調によって様々な状態が合わさることも多いです。より効果的に体質を改善するために、漢方薬を併用することも多く行われます。

まずは、是非一度お店にいらしてお気軽にご相談ください。月経トラブルを改善して、毎月の月経を気持ちよく爽やかに過ごしましょう。

Copyright© 2014 TAIZANDO All Rights Reserved.