泰山堂

044-222-4484
【定休日】日曜日・祝日
TOP 会社概要 漢方相談 漢方薬 漢方だより お問合せ アクセス
漢方だより
  • 子宝漢方相談
  • 漢方メール相談
  • アロマコーナー
  • よろず漢方/漢方だより
  •       
  • 泰山堂通信
  • 泰山堂ブログ
  • 漢方体験.com

アクセス

お店は川崎駅から歩いて1分

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区
駅前本町12-1
タワーリバークビル1F
TEL : 044-222-4484
FAX : 044-222-4486

痛風



痛風は、何らかの理由で尿酸の代謝異常がおこり、体内の尿酸値が過剰となって発生します。尿酸値が7.0mg/dlを超えると、尿酸塩が析出しやすくなります。析出した尿酸塩が関節にたまり炎症を引起すと、赤く腫れ、強い痛みを伴う症状が出ます。これが、痛風です。痛風の方には、高血圧や高脂血症、尿路結石、肥満に対する対策が同時に必要な方も多く、注意が必要です。

痛風発作時には鎮痛薬や抗炎症薬などで対処しますが、慢性期や体質改善をはかる場合には、漢方も一つの選択肢になります。漢方で痛風を考える場合、やはり日常の食生活に注目します。肉類や甘い物、ビールなどの酒類、辛い物などの食べ過ぎ・飲み過ぎがないかを確認します。これらが病理産物である湿熱を生じさせ、関節の炎症を引起こすと考えるからです。日頃から野菜や海藻類などをバランスよくとることが大切です。

痛風の慢性的な炎症の場合、瀉火利湿顆粒や温清飲などの清熱剤、通利作用のある五淋散や猪苓湯などを中心に使用します。ストレスや下肢の瘀血があれば、逍遥散などの疏肝薬や、冠元顆粒、桂枝茯苓丸などの活血薬を併用することもあります。

野菜多めの食事をする、暴飲暴食をしない、適度な運動をする、リラックスタイムを持つ、など、一度日常生活を振り返ってみることもお勧めです。

Copyright© 2014 TAIZANDO All Rights Reserved.