漢方草庵 泰山堂
044-222-4484 火~金曜 11:00~18:00 土曜 11:00~17:00 定休日:日曜・月曜・祝日
火~金曜 11:00~18:00
土曜 11:00~17:00
定休日:日曜・月曜・祝日

皮膚炎とストレス

皮膚炎は、何らかの原因(ストレス)があって、その結果として発症する場合があります。

皮膚炎がある時、漢方では血熱や熱毒という表現をします。気・血・水の巡りが順調な時は心身ともに健康な状態です。
ところが、身体をめぐる血が、何らかの原因で血熱や熱毒状態になると、それが皮膚炎という形で現れると考えます。

ちょうど、竹輪(ちくわ)を輪切りにしたような形で、人間の身体を大きく3つの部分に分けてみます。

(1) 竹輪の外皮の外側: 身体の皮膚の表面が外界と触れている部分
(2) 竹輪の内皮の内側: 例えば、胃や腸管など体の内部で、外界(食べ物や飲み物)と触れる部分
(3) 竹輪の外皮と内皮の間(血海): 血液、神経、骨、筋肉などがある、いわゆる、身体の内部

皮膚に炎症があるとき、上記3つのどこかで体にストレスを与えるような原因が発生し、その為、 血熱や熱毒の状態になったと捉えます。

対処療法として、まず清熱解毒や利湿を行い、血熱や熱毒状態の改善を図る一方で、 皮膚炎を引起した原因に応じた対応が必要になります。

環境ストレス(皮膚が外界から受ける刺激)

皮膚表面が外界から受ける様々な刺激が原因で血熱状態になり、皮膚炎となります。
例) 季節(梅雨の湿度、冬の乾燥)、化粧品、 石けん、虫(ダニや蚊など)など

<対策>
原因となる物を排除することが基本です。

腸管粘膜のバリア機能不足(食べ物や飲み物から受ける刺激)

先天的な理由や薬の副作用などにより、腸管粘膜のバリア機能が弱くなると、例えばタンパク質の吸収であれば、微小なアミノ酸に分解されてから吸収されるべきものが、分解されずに異物タンパク質として吸収されてしまい、これがアレルゲンとなり、 皮膚炎となったりします。

<対策>
食養生に加え、胃腸の粘膜の状態を改善する漢方薬が効果的です。

内分泌の乱れや精神的ストレス

悲しみ・心配ごと・落込みなど精神的ストレスによる自律神経の乱れ、思春期や更年期などに見られる性ホルモンの乱れにより、ニキビや脂漏性皮膚炎などになります。

<対策>
気持ちを安定させる安神剤や気の巡りを改善する疏肝剤、「腎」を強化する補腎薬を利用します。

このように漢方では、皮膚炎の原因となっているストレスについて身体のどこに、どのようなストレスが影響しているかを見極めながら、 漢方薬を選んでいきます。

ストレスからくる皮膚炎の改善に役立つ漢方薬の一例

天王補心丹

天王補心丹てんのうほしんたん

八仙丸

八仙丸はっせんがん

加味逍遙散

加味逍遙散かみしょうようさん

逍遙顆粒

逍遙顆粒しょうようかりゅう

ご紹介している漢方薬は一例です。ご体調・体質によって、他の漢方薬をお薦めする場合もございます。
また、漢方薬のパッケージは予告なしに変更される事がございます。

つらい体の不調やお悩みは一人で悩まず、まずはお気軽に泰山堂へご相談ください。