漢方草庵 泰山堂
044-222-4484 火~金曜 11:00~18:00 土曜 11:00~17:00 定休日:日曜・月曜・祝日
火~金曜 11:00~18:00
土曜 11:00~17:00
定休日:日曜・月曜・祝日

免疫性不妊・不育症

免疫性不妊・不育症夫の性機能が正常で精液検査も異常がなく、妻の生殖器官が正常で排卵もしていて妊娠の条件が整っているにもかかわらず、「なかなか妊娠しない」、あるいは「流産を繰り返す」といった場合は、免疫性不妊・不育症の検査をお薦めすることがあります。
免疫検査で妊娠の妨げとなる抗体の存在が確認された場合、免疫性の不妊・不育が考えられます。

免疫とは、元々は体内に入った病原菌などの異物から体を守るために備わったメカニズムで、私たちの体を守るとても重要な役割を果たしてくれています。
しかし、時として認識しない物質に対して間違って抗体をつくって攻撃してしまうことがあります。
精子や受精卵が母体にとって一種の異物とみなされてしまい抗体が作られると、受精や受精卵の成長が妨げられてしまいます。

免疫性不妊・不育症と漢方薬

免疫異常のタイプや体質によって使う漢方薬は異なりますが、免疫機能を調整して崩れた免疫バランスを整える補気薬 、免疫機能・生殖機能を司る「腎」の働きを整え強める補腎薬の服用をお勧めしています。

また、現代では、ストレスが免疫異常を引き起こし、不妊や不育・流産につながるという報告もされています。
ストレス過多は、「気」の巡りを悪くします。「気」の巡りが滞ると自律神経のバランスが崩れ、免疫バランスやホルモンバランスの乱れを引き起こします。
漢方薬を上手に活用し、「気」の巡りを良くしてストレスを和らげ、ストレスに強い体作りをこころがけることも大切です。

一方、流産を繰り返してしまう方には、妊娠中にも安心して使え、胎児を安定した状態に導いてくれる漢方薬の服用もお勧めしています。

 

不妊・不育に関係する免疫異常

抗精子抗体

夫の精子や精液が異物とみなされてしまうと、抗精子抗体という抗体が作られ受精が妨げられ不妊の原因となります。
妊娠や出産経験のある人にも突然抗精子抗体が陽性反応を示すこともあり得ます。

抗精子抗体は、子宮頸管粘液、卵管内などに出現し、現代医学的な治療としては、子宮頸管液での接触を避けるための人工授精、卵管液の抗体がある場合は体外受精が選択されます。
男性側の精液検査結果が基準を満たしているのにヒューナーテストで不良の場合は、抗精子抗体が疑われます。

漢方では「腎」を強めて免疫バランスを整えたり生殖機能の働きを強化し、「気」や「血」のバランスを整えることで、体質の改善をはかります。

抗核抗体

抗核抗体は、膠原病のスクリーニングにも挙げられる自己抗体です。
不妊症においてもルーチン検査の一つにされていますが、陽性であったとしてもそれだけでは不妊症の直接的な因果関係は証明されておらず、自然に妊娠・出産することもあります。

抗リン脂質抗体

抗リン脂質抗体の異常は、不育症の約17%に認められ、流産率は約80%と推定されています。
抗リン脂質抗体はリン脂質という細胞膜などを構成する重要な成分を攻撃し、血管炎などを引き起こすことで血栓と呼ばれる血の塊を出来やすくしてしまう抗体です。
重度の場合は流産にとどまらず、脳梗塞など様々な疾患を引き起こして生命にも大きく影響します。
現在、スクリーニングされているものだけでも10種類以上の抗体が知られています。

不育症の原因となる場合、血栓ができて血液が巡らないため、十分な酸素や栄養が届かず赤ちゃんが育つことが出来なくなり流産してしまいます。
現代医学での治療法としては、血栓の形成を抑えるためのアスピリン療法、ヘパリン療法などがあります。

漢方薬では、崩れた免疫バランスを整える漢方薬がよく使われます。
また、血栓予防のため、血の巡りを良くする漢方薬も、量を調節しながら使っていきます。
それとともに、「気」や「血」のバランスを整えたり、「腎」を補ったり、体質別に弱った部分を補強する漢方薬を併せて服用するケースが多いです。

これらの漢方薬は、クリニックでの現代医学的な治療と併用することも可能です。

泰山堂では子宝漢方相談を行っております。ぜひお気軽にご相談ください。

免疫性不妊・不育症の原因となっている体質の改善におすすめの漢方薬一例

ご紹介している漢方薬は一例です。ご体調・体質によって、他の漢方薬をお薦めする場合もございます。
また、漢方薬のパッケージは予告なしに変更される事がございます。

つらい体の不調やお悩みは一人で悩まず、まずはお気軽に泰山堂へご相談ください。