漢方草庵 泰山堂
044-222-4484 火~金曜 11:00~18:00 土曜 11:00~17:00 定休日:日曜・月曜・祝日
火~金曜 11:00~18:00
土曜 11:00~17:00
定休日:日曜・月曜・祝日

卵管性不妊

卵管は子宮の左右に一つずつあり、長さ約10㎝、直径は狭い部分では1㎜程度と言われています。
卵管は、卵子や精子の輸送、受精卵の子宮内への輸送など、妊娠する上で大切な役割を果たしています。

卵管性不妊はこの卵管が詰まっていたり癒着している状態で、精子や受精卵が通りにくくなるため不妊の原因と言われており、近年では不妊症の30%を占め、増え続ける傾向にあると言われています。
また、受精卵が卵管に着床してしまう子宮外妊娠を引き起こす可能性が高いことも大きな問題です。

自覚症状は無いことも多いですが、色やにおいのあるおりものが出たり、下腹部痛が見られることもあります。

原因としては、

クラミジア感染などによる性感染症、虫垂炎、膣内の炎症などの炎症が卵管へ移行したもの
子宮内膜症による癒着
腹部手術後の癒着

などがあげられていて、子宮卵管造影や卵管通気検査、腹腔鏡検査といった検査で卵管の通りを調べることでわかります。

卵管性不妊と漢方

卵管が癒着により完全に詰まっている場合は、漢方薬だけで通すことは難しく、この場合は卵管形成術や体外受精などの方法から選択することになりますが、
卵管が完全に詰まっておらず通りが悪い状態の場合は、漢方薬を使ってみる価値はあります。

卵管性不妊と漢方漢方では卵管の通りが悪くなるのは、瘀血(おけつ:血の滞り)、痰湿(たんしつ:水の巡りが悪くなることで生じた淀みや余分な脂肪など体に有害なもの)、気滞(きたい:気の巡りの滞り)などが、原因として考えられます。

治療としては、活血化瘀(かっけつかお):血の巡りを良くする、化痰軟堅(水の巡りをよくし、塊を柔らかくして取り除く)、理気(気の巡りをスムーズにする)などを行い、体内の気・血・水の滞りを改善しながら、卵管の通りを良くていきます。

それと同時に、漢方では「瘀血」や「痰湿」、「気滞」の原因を探り、体質を根本から改善して、再び症状の出にくい体へ導いていきます。

原因は人さまざまで、元々ある部分が弱い体質の方もいれば、冷えやストレス、疲れなど様々です。
体内の気血水の巡りのバランスを改善したり、五臓六腑の中で弱った部分を補強していきます。

漢方で理想とするのは、体や心、全身のバランスが保たれている状態です。
卵管だけでなく体全体のバランスに注目して崩れたバランスを整えていくことを大切に考えます。

漢方薬だけでなく、食事や生活習慣といった日々の養生もとても大事です。
体質別にアドバイスさせて頂きますので、是非お気軽に一度ご相談ください。

つらい体の不調やお悩みは一人で悩まず、まずはお気軽に泰山堂へご相談ください。