漢方草庵 泰山堂
044-222-4484 火~金曜 11:00~18:00 土曜 11:00~17:00 定休日:日曜・月曜・祝日
火~金曜 11:00~18:00
土曜 11:00~17:00
定休日:日曜・月曜・祝日

子宮内膜炎

子宮内膜炎とは子宮の内側にある子宮内膜という膜に、細菌などが感染して炎症を起こしている状態です。

これとは別に子宮内膜症という病気もあります。

名前が似ていますが、これは本来子宮内にあるべき内膜組織が子宮以外の場所に増殖したもので、子宮内膜炎とは異なります。

子宮内膜には、表面に近い機能層と、さらに深い部分にある基底層があります。

機能層は生理が来ると剥がれ落ち、新しい組織が再生され、また生理がくると剥がれ落ちる
ということを繰り返しますが、基底層は、生理が来ても剥がれ落ちることはありません。

このため、細菌が機能層だけに感染している場合は、生理といっしょに体外に排出されるため、自然に治ることもあります。
しかし、感染が基底層にまで侵入すると、自然に治ることはなく慢性化していきます。

子宮内膜炎の原因

原因となる細菌は、ブドウ球菌・大腸菌・結核菌・レンサ球菌・淋菌など様々です。

淋菌は、多くの場合、性行為から感染します。
自然流産や人工妊娠中絶の後、お産の後なども、菌が侵入しやすくなります。

また、生理のとき、タンポンを長い間入れたままになっていることも、感染の原因になります。

子宮内膜炎の症状

急性の場合は、発熱・下腹部痛・不正出血などの症状が出ることもありますが、慢性の子宮内膜炎では、殆どの場合症状がなく、

なかなか妊娠しない、
体外受精で着床障害を繰り返す、
流産を繰り返す

などのため、
検査して初めて発見することも多いようです。

子宮内膜炎と不妊

炎症が卵管に広がると、卵管の動きが悪くなり、排卵した卵子をピックアップできなくなって、不妊の原因になることもあります。

また、感染症のために免疫活動が過剰になり、受精卵を異物として攻撃してしまう可能性も指摘されています。

西洋医学的治療

検査で原因となっている菌を特定し、その菌を殺すのに有効な抗生物質を投与します。
炎症が強い場合は、消炎剤や解熱剤を併用することもあります。

子宮内膜炎と漢方

子宮内膜炎の原因となる菌が複数混在している場合は、1種類の抗生物質では完治できない場合もあります。

また、炎症体質を根本的に改善しないと、再発を繰り返す危険性もあります。

急性の炎症で症状が酷い場合は、抗生物質で症状を抑え込むことが大切ですが、慢性の子宮内膜炎を繰り返す場合、あるいは再発を予防する場合は、炎症体質を改善し、細菌に対する免疫力を高めることが大切で、これは漢方が得意とするところでもあります。

子宮内膜炎は子宮内膜に存在する炎症であり、漢方では炎症は「熱」と考えます。

体に不要な熱が発生しているので、この熱を冷ます「清熱薬」と呼ばれる漢方薬を使用します。

「清熱薬」といってもいろんな種類がありますので、「熱」の程度やそれ以外の体質を考えて選びます。

また、体力が落ちて免疫力が下がると、感染を許してしまいますから、「気(エネルギー)」を補い、免疫力を高める漢方薬も再発予防に役立ちます。

つらい体の不調やお悩みは一人で悩まず、まずはお気軽に泰山堂へご相談ください。