漢方草庵 泰山堂
044-222-4484 火~金曜 11:00~18:00 土曜 11:00~17:00 定休日:日曜・月曜・祝日
火~金曜 11:00~18:00
土曜 11:00~17:00
定休日:日曜・月曜・祝日

脂肪肝

肝臓に中性脂肪がたまっていることを脂肪肝といいます。以前は、お酒を飲む人、あるいは肥満の人に関係が深いというイメージが強かった脂肪肝ですが、最近はお酒を飲まない人やそれほど太っていないのに脂肪肝と言われるケースも少なくないようです。

食べすぎによる脂肪肝

お酒の飲みすぎで肝臓に脂肪がたまるのは、アルコールが分解されるとき、中性脂肪が合成されやすくなるためです。

しかし、日本人の脂肪肝の原因で多いのは、お酒の飲みすぎではなく、食べすぎです。
食べすぎによる脂肪肝を非アルコール性脂肪性肝疾患と呼びますが、こちらの方が、アルコール性の脂肪肝よりも重篤化しやすく、肝硬変や肝臓がんに進行しやすいと言われています。

「食べすぎ」というと、脂肪分の多い食品が警戒されがちですが、実は、脂質と同様に糖質にも注意が必要です。食品として摂取した脂質は小腸で吸収され、肝臓で脂肪酸に分解されます。また、糖質はブドウ糖に分解されて小腸で吸収された後、肝臓で中性脂肪に変化します。脂質や糖質を摂り過ぎて運動不足の場合には、脂肪酸とブドウ糖を使いきることができずに、余剰分が中性脂肪として肝臓に貯えられます。

肝臓の機能が落ちている場合も、全身から運ばれてくる脂肪酸を処理する力が落ち、中性脂肪がたまりやすくなります。また、肝臓の機能が低下すると、肝臓で作られる胆汁が減ってしまうこともあります。胆汁には、脂肪を乳化することで代謝を助け、脂肪を体外に排出させやすくする働きがありますので、胆汁の減少は、脂肪が体内にたまりやすい状態を作ってしまいます

生活習慣

脂肪肝の改善には、何と言っても原因となっている生活習慣の改善が欠かせません。お酒を飲みすぎの方はお酒を減らし、運動不足であれば、適度な運動を生活に取り入れましょう。食べすぎの方は、食事の量を減らしましょう。ただし、極端なダイエットは、低栄養性脂肪肝と呼ばれる脂肪肝になることがありますし、ダイエットとリバウンドの繰り返しが、肝臓に負担をかけることになります。夕食の炭水化物を少量減らすだけでも効果がありますので、極端な減量は避けましょう。

また、食品を食べる順番も大切です。血糖値が急上昇すると血糖値を下げるホルモンであるインスリンが大量に分泌されます。インスリンは余った糖を中性脂肪として蓄える働きがあるため、血糖値を急激に上げないことが大切です。そのためには、野菜を最初に食べ、その次に肉・魚類、最後に炭水化物の順番で食べると血糖値の急激な上昇を防げます
果物に含まれる果糖は、肝臓で中性脂肪になりやすいため、食後の果物は少な目にしましょう。

 

脂肪肝と漢方薬

漢方薬は、このような生活習慣の改善を前提として、それを支えるものとして、おすすめしています。

漢方的には、脂肪は「痰湿」と呼ばれるものに属します。このため、痰湿を除去する漢方薬(瀉火利湿顆粒や温胆湯など)を検討します。また、肝機能の低下が考えられる場合は、肝機能を助ける漢方薬を使います。

さらに胆汁の減少が考えられる場合は、脂質や糖質の消化を助ける漢方薬も効果的です。

また、脂肪太りの肥満で、便秘がちで尿量も減少している場合は、脂質がたまりやすい体質を改善する漢方薬などを使います。精神的なイライラやストレスが過食になっている場合は、ストレスを和らげる漢方薬が効果的です。

脂肪肝の原因となる体質を改善する漢方薬の一例

瀉火利湿顆粒

瀉火利湿顆粒しゃかりしつかりゅう

温胆湯

温胆湯うんたんとう

防風通聖散

防風通聖散ぼうふうつうしょうさん

ご紹介している漢方薬は一例です。ご体調・体質によって、他の漢方薬をお薦めする場合もございます。
また、漢方薬のパッケージは予告なしに変更される事がございます。

つらい体の不調やお悩みは一人で悩まず、まずはお気軽に泰山堂へご相談ください。