漢方草庵 泰山堂
044-222-4484 火~金曜 10:30~18:30 土曜 10:30~17:30 定休日:日曜・月曜・祝日
火~金曜 10:30~18:30
土曜 10:30~17:30
定休日:日曜・月曜・祝日

その他のお悩み

皆様から多くご相談いただく症状のについてのお話や、お勧めの漢方をご紹介しております。

口内炎

漢方では口内炎は「実証タイプ」と「虚証タイプ」に分けて考え、それぞれに合った漢方を処方します。

脂肪肝

肝臓に中性脂肪がたまっていることを脂肪肝といいます。お酒や肥満のせいではなくても起こります。

多汗

漢方では多汗の原因・発汗の時間帯・どこに汗が出るか等から総合的に判断して漢方薬を選びます。

頭痛

漢方的では頭痛は大きく5つのパターンに分けられ、原因ごとに漢方薬も異なってきます。

糖尿病

糖尿病は、血液中のブドウ糖濃度が適正な範囲を超える事で様々な悪影響を及ぼす病気だと言えます。

飛蚊症

目の前に糸くずや小さい虫のような物が浮遊しているように見える症状で、漢方では陰や肝を養うことで対応します

耳鳴り

漢方では耳は五臓の中でも「腎」と関係が深いと考えられています。腎虚の原因は主に加齢ですが、若くても腎虚になります

尿路結石

腎臓から尿管、膀胱、尿道までの尿路系統にできた石を総称して尿路結石と言います

痛風

痛風は何らかの理由で尿酸の代謝異常がおこり、体内の尿酸値が過剰となって発生します。

尿漏れ

自分の意思と関係なく尿が漏れてしまう状態で、酷くなると、生活に支障が出てしまうことも少なくありません

シェーグレン症候群

シェーグレン症候群の多くは、漢方では、津液が不足した「陰虚」の状態であると考え、潤いを補う生薬が配合されたものが候補になります。

癌の化学療法副作用

漢方では、副作用を「薬毒」ととらえ、その毒性をできるだけ早く体の中から排除することを考えます。

七情と内臓の関係

漢方では、過度な「思」は、脾(消化器系)を損傷すると考えられています。