漢方草庵 泰山堂
044-222-4484 火~金曜 10:30~18:30 土曜 10:30~17:30 定休日:日曜・月曜・祝日
火~金曜 10:30~18:30
土曜 10:30~17:30
定休日:日曜・月曜・祝日

シェーグレン症候群

シェーグレン症候群は、涙腺や唾液腺など外分泌腺に慢性的な炎症が起こり、外分泌腺が破壊されてドライアイやドライマウスなどの症状が出る病気です。
難病指定されている自己免疫疾患(膠原病)の一つです。自己免疫疾患とは、本来、細菌やウイルスなど外的に対して攻撃する免疫機能が、自己細胞を攻撃することにより引き起こされる病気です。
涙腺や唾液腺を分泌する細胞が異物と見なされて攻撃を受けてしまうため、ドライアイやドライマウスなどの症状が出てきます。

性別では圧倒的に女性に多く発生し、40~60歳代が好発年齢となっています。

シェーグレン症候群は関節リウマチや全身性エリテマトーデスなどの膠原病に合併する二次性と、これら合併のない一次性の2種類があり、一次性の方が若干多いようです。

シェーグレン症候群の症状

ドライアイ(目の乾燥)

涙腺からの涙液の分泌量が減少するため、
・涙が出ない
・目に異物感がある
・まぶしい
・目が痛い、かゆい
などの症状が出ます。

酷くなると、目に入った異物を涙液で流し出すことができないため、角膜や結膜に傷がつき、視力低下につながる場合もあります。

ドライマウス(口の乾燥)

唾液腺からの唾液の分泌量が減少するため
・口が渇く
・食べ物が飲み込みにくい
・口の中が痛い
・味覚異常
などの症状が出ます。

また、虫歯や歯周病が多発することもあります。

乾燥以外の症状

シェーグレン症候群は全身性の自己免疫疾患であるため、関節痛や臓器の繊維化(間質性肺炎・間質性腎炎・間質性膀胱炎など)、発熱、倦怠感など、乾燥以外にも様々な症状が出る場合があります。

西洋医学的治療法

シェーグレン症候群を根本的に完治させる方法は、残念ながらないのが現状のようです。
したがって、それぞれの症状に応じた対処療法が中心になります。

たとえば、目の乾燥に対しては水分や保湿成分を増やす点眼薬や人工涙液など、口の乾燥に対しては人工唾液や口腔用湿潤剤、虫歯予防のための抗菌剤などが使われます。

また全身の免疫にかかわる重篤な症状の場合は、ステロイドや免疫抑制剤、抗炎症薬などが使われます。

シェーグレン症候群と漢方

シェーグレン症候群は放置すると全身の重篤な症状に移行してしまう危険性もあるため、自己判断せず、まずは病院の診断と治療を優先することをお薦めしています。

しかし症状が比較的軽症の場合や、西洋医学的な治療の効果をさらに高めるために漢方薬を使用することは、試してみる価値はあります。

シェーグレン症候群の多くは、漢方では、津液(体に必要な水分)が不足した「陰虚」の状態であると考えます。従って、潤いを補う麦門冬、白合、玉竹、北沙参などが配合されたものが候補になります。
陰が不足しているために発生する微熱(虚熱)をさます知母や黄柏、目の働きを整える菊花や枸杞子を配合した漢方薬なども症状に合わせて使うと効果的です。

さらに免疫にかかわる病気ですので、免疫系の調整に役立つ漢方薬や健康食品を併用することもあります。

また、ストレスや睡眠不足は陰虚の状態を悪化させますので、ストレスによる緊張を和らげる漢方薬や、睡眠の質を高める漢方薬が間接的に症状を改善することも期待できます。

つらい体の不調やお悩みは一人で悩まず、まずはお気軽に泰山堂へご相談ください。