漢方草庵 泰山堂
044-222-4484 火~金曜 11:00~18:00 土曜 11:00~17:00 定休日:日曜・月曜・祝日
火~金曜 11:00~18:00
土曜 11:00~17:00
定休日:日曜・月曜・祝日

口内炎

口内炎は、命にかかわるような重病ではないものの、食べ物がしみて痛むなど、その症状は不快なものです。またやっかいなのは、一度発症すると、繰り返しやすい点です。
原因は、ウィルスや細菌、食べ物や入れ歯などによる物理的刺激、免疫力の低下などがありますが、原因がはっきりしないこともあります。

口内炎に対する漢方的アプローチ

漢方では、口内炎を大きく2つのタイプに分けて考えます。

実証タイプ

1つは、体内、特に心(しん)や脾胃(消化器系)に余分な熱が溜まる「実証タイプ」です。
このタイプの口内炎は、ストレスや、辛い物・脂っこい料理の食べ過ぎ、過度な飲酒などが原因となっていることが多く、食生活を改善し、ストレスをためないことが大切です。
漢方薬では、体内にこもった余分な熱を取り除く漢方薬を使います。

虚証タイプ

もう1つは、身体に必要な物質が足りない「虚証タイプ」。
体内に元気が不足して免疫力が低下したり、潤いが足りずに熱を冷ますことができなくなったりすることが原因です。
特に潤い不足からくる口内炎は、更年期を迎える年齢に多く見られます。
日頃から十分な睡眠をとり、潤いの多い食材(トマト、イチゴ、梨・・・など)を選ぶように心がけましょう。(香辛料は潤いを消耗するので、取り過ぎには要注意です。)
漢方では、潤いの源である「陰」を補う漢方薬や「気」を補い免疫力を高める漢方薬が効果的です。

口内炎ができやすい体質を改善する漢方薬の一例

瀉火利湿顆粒

瀉火利湿顆粒しゃかりしつかりゅう

瀉火補腎丸

瀉火補腎丸しゃかほじんがん

甘露飲

甘露飲かんろいん

ご紹介している漢方薬は一例です。ご体調・体質によって、他の漢方薬をお薦めする場合もございます。
また、漢方薬のパッケージは予告なしに変更される事がございます。

つらい体の不調やお悩みは一人で悩まず、まずはお気軽に泰山堂へご相談ください。