漢方草庵 泰山堂
044-222-4484 火~金曜 10:30~18:30 土曜 10:30~17:30 定休日:日曜・月曜・祝日
火~金曜 10:30~18:30
土曜 10:30~17:30
定休日:日曜・月曜・祝日

頭痛

頭痛に悩んでおられる方は意外と多く、鎮痛剤で一時的にしのいでいるのが一般的ではないでしょうか。しかし、一般的な鎮痛剤の多くは、痛みを感じないようにしているだけで、痛みの原因そのものを取り除いているわけではありません。頭痛が慢性化している場合は、根本的な体質改善をおすすめします。

漢方的では頭痛は大きく5つのパターンに分けられ、原因ごとに漢方薬も異なってきます。(ここでは、風邪など外的要因による頭痛は除きます)

瘀血(おけつ)タイプ

一番多いのは、瘀血タイプ、わかりやすく言うと血行不良型です。血液がドロドロしているため、血管に負担がかかって痛みが生じます。

このタイプの頭痛は、しめつけられるような比較的強い痛みが特徴です。このタイプには微小血管の血流を良くする漢方薬を使用します。

気滞(きたい)タイプ

「気滞」とは「気(エネルギー)」の巡りが悪い状態です。

ストレスが原因になっていることが多く、女性だと、生理前症候群の出やすい方によく見られます。気の巡りをよくする漢方薬を使います。

気虚(ききょ)タイプ

簡単に言うならば、パワー不足です。

疲れたときや気圧が下がるときに頭痛が出やすいタイプの方に、多く見られます。

このタイプの方には、「気」を補う補気剤が効果的です。

肝火(かんか)タイプ

簡単に言うと「頭にかーっと血が上った」状態です。

イライラしたり、顔が赤くなった時に頭痛を伴う場合などに、このタイプの頭痛が多く見られます。この場合、肝の火を鎮める漢方薬を使います。

腎虚(じんきょ)タイプ

高齢の方に多い頭痛です。「腎」とは、西洋医学的な腎臓とは異なるもので、生命力や生殖力に関わる概念です。

このタイプの頭痛は、市販の頭痛薬はあまり効果が期待できず、時間はかかりますが、腎を補う漢方薬の方が効果的です。腰から下が冷えたり、夜の頻尿、耳鳴りなどを伴うことも多いです。

 

実際には、これら5つのタイプが複合している場合が多いようです。

また、これらの他、蓄膿症・慢性鼻炎・歯痛・帯状疱疹神経痛・うつ病による頭痛、脳脊髄液圧低下による頭痛など、さまざまな原因による頭痛があります。それぞれの原因に応じて、漢方薬は異なります。

尚、非常に強い痛みが急に起こった場合や、吐き気や痺れを伴う場合は、すぐに病院に行くことをお勧めします。

★★★★ 川崎駅から徒歩2分 ★★★★
漢方草庵 泰山堂
神奈川県川崎市川崎区駅前本町12-1
川崎駅前タワー リバークビル1F
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

頭痛の原因となっている体質を改善する漢方薬一例

冠元顆粒

冠元顆粒かんげんかりゅう

頂調顆粒

頂調顆粒ちょうちょうかりゅう

チョートーン

チョートーンちょーとーん

瀉火利湿顆粒

瀉火利湿顆粒しゃかりしつかりゅう

ご紹介している漢方薬は一例です。ご体調・体質によって、他の漢方薬をお薦めする場合もございます。
また、漢方薬のパッケージは予告なしに変更される事がございます。

つらい体の不調やお悩みは一人で悩まず、まずはお気軽に泰山堂へご相談ください。