漢方草庵 泰山堂
044-222-4484 火~金曜 10:30~18:30 土曜 10:30~17:30 定休日:日曜・月曜・祝日
火~金曜 10:30~18:30
土曜 10:30~17:30
定休日:日曜・月曜・祝日

下痢

下痢といっても様々なタイプがあります。
感染症や食中毒などの場合は、毒を排泄するために排便を急ぐ必要があり、そのような下痢はあえて止めない方が良い場合もあります。
ここで対象とする下痢は、大腸や小腸には異常は見つからないにもかかわらず、長期的に下痢を繰り返す慢性的な下痢になります。

脾虚(ひきょ)

下痢しやすいという症状は、中医学では脾虚(ひきょ=胃腸の働きが弱い)と考えます。
脾虚の体質がベースにあり、これに冷え・暴飲暴食・ストレス・多湿などの外的要因が加わって下痢を引き起こします。

「脾は気血生化の源」という言葉があるように、脾は食べ物から気・血を生み出し、これを身体の隅々に輸送する働きがあります。
また、脾には水分を全身に巡らせるポンプのようは働きもあります。
この働きが低下すると、余分な水が腸内に停滞しやすくなり、下痢が起こります。
また栄養を身体に運ぶことができないので、様々な体の不調を引き起こす場合もあります。

健脾散と補中益気湯

脾虚体質の改善には、健脾散(参苓白朮散)や補中益気湯など健脾益気(けんぴえっき=胃腸を元気にする)の作用を持つ漢方薬を用います。
健脾散は、「脾」を元気にする四君子湯(白朮・茯苓・人参・甘草)に、水の代謝を改善する山薬・扁豆・薏苡仁・蓮肉などから構成されています。

また、健康な状態では脾気は上に上がることにより食べ物から吸収した栄養物を身体全体に巡らせることができますが、脾気が不足すると、気が上がらなくなり下痢しやすい状態を作ります。
補中益気湯は、「気」を補い、脾気を上に上げることで、下痢を緩和します。

その他の漢方薬

ストレスや過度な緊張が下痢と関係している場合、漢方的には「肝脾不和(かんぴふわ)」と呼ばれる状態だといえます。
ストレスが体に与える影響を緩和し自律神経を整える働きのある逍遙顆粒開気丸などが効果的です。

この他、暴飲暴食による下痢の場合は、消化を助ける焦三仙や水の代謝を改善する五苓散が役立ちます。
梅雨など高温多湿の時期に下痢になりやすい場合は、体内の湿を取り除く勝湿顆粒(藿香正気散)が効果的です。

「脾」が元気であれば、多少のストレスや気候の変化があっても、下痢になることはありません。様々な原因で下痢になりやすいタイプの方は、日ごろから「脾」を整え、状況に応じて漢方薬を使い分けて対応しながら、下痢を起こしにくい身体を作っていきましょう。

つらい体の不調やお悩みは一人で悩まず、まずはお気軽に泰山堂へご相談ください。