漢方草庵 泰山堂
044-222-4484 火~金曜 11:00~18:00 土曜 11:00~17:00 定休日:日曜・月曜・祝日
火~金曜 11:00~18:00
土曜 11:00~17:00
定休日:日曜・月曜・祝日

更年期障害

更年期障害とは、閉経前後に現れるさまざまな不快な症状群を指します。
自覚症状は個人差が大きく、ほてりやよく汗をかくといった程度の軽いものから、強い不眠、うつなど、重い症状も存在します。
放置せず、積極的な予防や治療を行い、この段階を上手に乗り越え、快適な第二の人生を送りたいものです。

漢方では、いろいろな病気を、『五臓』の好・不調と、『気』・『血』・『水』の流れが順調かどうかで理解しています。

更年期症候群はこれらのうち、特に『腎』(腎臓だけでなく、身体の根本の陰と陽、ホルモン系の元と理解する広い概念)を中心に、場合によっては『肝』、『心』を含めてそれらの不調、『気』・『血』・『水』の流れの不調ととらえています。

『腎』の『陰』(有効な水分)が不足する場合

『腎』の有効な水分が不足すると、影響が全身に及びますので、目・皮膚・陰部の乾燥症状が現れます。
昼間や夜間の多汗、便秘などもあります。ホルモン系にも影響が及ぶと、健忘症、めまい、耳鳴りなどが出ることもあります。

『腎』と『心』(心臓だけでなく、体を温める機能を含む広い概念)の協調関係が不調になると、熱の症状が現れます。
例えば、ほてり、不眠、心煩(「焦燥感」など、心がざわついて落ち着かない状態)などです。

『腎』と『肝』(肝臓だけでなく、ストレスを制御する機能を含む広い概念)の協調関係が不調になると、やはり熱の症状が現れます。
例えば、ほてり、ホットフラッシュ、イライラ、怒りっぽい、偏頭痛などです。

このタイプに対しては、「腎陰」を補う漢方薬の中から、症状に合わせて選びます。

『腎』の『陽』(身体全体の陽気)が不足する場合

『腎』の『陽』が不足すると、本来必要な陽気の不足により、体内に寒気が生じ、各臓器の機能も減退し始めます。
例えば、体力の減退、疲労感の増加、冷え症、むくみ、頻尿、下痢、カゼをひきやすい、などです。

このタイプに対しては、「腎陽」を補う漢方薬の中から、症状に合わせて選びます。

中医学古典の『黄帝内経 素問』(こうていだいけい そもん)に、女性は7才を成長の区切りと理解する考え方が書かれており、(初潮は14才、閉経は49才)これらのめやすの年齢は栄養状態の相当異なる現代においても、あまり変わっていないようです。

また古くから中医学の婦人科では、女性の成長・老化の過程の特徴にしたがって、10代と40~50代に『腎』を補うことを治療の基本においています。

更年期障害のような幅の広い不調は、昔も今も漢方治療の効果が期待できる分野といえるでしょう。

更年期障害の原因となる体質を改善する漢方薬の一例

瀉火補腎丸

瀉火補腎丸しゃかほじんがん

加味逍遙散

加味逍遙散かみしょうようさん

ご紹介している漢方薬は一例です。ご体調・体質によって、他の漢方薬をお薦めする場合もございます。
また、漢方薬のパッケージは予告なしに変更される事がございます。

つらい体の不調やお悩みは一人で悩まず、まずはお気軽に泰山堂へご相談ください。