漢方草庵 泰山堂
044-222-4484 火~金曜 10:30~18:30 土曜 10:30~17:30 定休日:日曜・月曜・祝日
火~金曜 10:30~18:30
土曜 10:30~17:30
定休日:日曜・月曜・祝日

不正出血

生理期以外に性器から出血することを不正出血といいます。
鮮血や茶色っぽい出血もあれば、おりものに血が混ざった程度の少量の場合もありますが、いずれも不正出血に該当します。

不正出血には主に、「器質性出血」と「機能性出血」の2種類があります。
器質性出血とは、子宮頚管ポリープや膣炎、子宮頸がんなど、何らかの病気が原因となっている出血です。
一方機能性出血は、病的な原因はなく、ホルモンバランスの乱れなど体質的な偏りから来る出血です。

器質性出血か機能性出血かは、自分で判断することは難しく、「少量出血だから」とか「痛みがないから」などと考えて放置せず、まずは病院で検査を受けましょう。

器質性出血の場合は、西洋医学でも漢方でも、原因となっている病気の治療を行うことになります。

一方機能性出血の場合、病院では様子見となることが多く、漢方の得意とするところと言えます。

不正出血と漢方

漢方では、不正出血のことを「崩漏(ほうろう)」と言い、衝脈、妊脈の失調と考えられています。
その原因にはいくつかのタイプが考えられます

腎虚による不正出血

いわゆる「ホルモンバランスの乱れ」で一番多くみられるタイプです。
女性ホルモンであある卵胞ホルモンと黄体ホルモンは生理周期の時期によって分泌量にも周期があります。
この周期が不安定になったり、ホルモンの分泌量が全体的に不足したりすると、出血の原因になります。このような状態を漢方では、「腎虚」と呼びます。
「腎」とは生命力や生殖力の源で、腎虚とはこの腎のパワーが落ちている状態です。
補腎剤と呼ばれる腎のパワーを補う漢方薬が効果的です。

気虚による不正出血

「気」には様々な働きがありますが、その中に「固摂作用」という働きがあります。これは、体に必要なもの(血液、汗、尿、精液など)が異常に漏れないようにする働きのことです。従って「気」が不足している(=気虚)と、出血しやすくなります。気虚タイプには以下のような傾向があります。
疲れやすい
朝起きるのが辛い
食後、眠くなる
すぐ座ったり、横になったりしたくなる

このタイプの出血の色は、薄い色であることが多く、疲労が重なっている時期に出血しやすい傾向があります。
人参や黄耆など「気」を補う生薬に、阿膠など止血作用のある生薬を合わせると効果的です。

また気虚タイプの方は胃腸の機能が落ちていること(=脾気虚)が多く、その場合は、胃腸の機能をたてなおす漢方薬が効果的なこともあります。

瘀血による不正出血

瘀血とは血流が悪くなった状態です。子宮内の血流が良くないと、生理の時に、経血がしっかり排出されず、生理期以外に出血が見られます。瘀血タイプの方には以下のような傾向があります。
頭痛・肩こりが起きやすい
生理の血に塊がある
アザや目の下のクマができやすい
舌の裏に太い静脈が見える

このタイプには、血流を改善しながら止血作用もある漢方をよく使います。

血熱による不正出血

数はあまり多くはありませんが、血に熱がこもった状態(=血熱)が原因の不正出血もあります。血の色が真っ赤で、他のタイプの出血に比べて量も多い傾向があります。
赤ニキビができるようなタイプによく見られ、血熱を冷ます漢方薬を使います。

実際には、これらいくつかの体質が重なっていることが多く、体質に合わせた漢方薬を選ぶことが大切です。

また、不正出血の方は、生理期以外にも出血がありますので、血液が不足している「血虚」の状態になっていることが多く、これがさらに不正出血の原因になるという悪循環を起こしている場合もあります。
これには、血液を補う漢方薬(補血剤)を併用すると効果的です。

つらい体の不調やお悩みは一人で悩まず、まずはお気軽に泰山堂へご相談ください。